男性

プエラリアミリフィカでのホルモン置換療法とは?

プエラリアミリフィカでのホルモン補充療法はHRT(Horumone Replacement Therapyの略称)で、主として更年期障害のさまざまな不快症状の改善に有効とされ、現在、多くの医院で導入されている治療方法です。
更年期障害は、閉経に伴って卵巣からの女性ホルモン分泌量が減少してしまい、その結果自律神経が失調することが原因で発症します。
そのため、ホルモン補充療法では不足している女性ホルモンをプエラリアミリフィカ等で補充して、体の状態を出来るだけ閉経前のホルモンバランスの状態に戻し、更年期障害の症状を緩和することが目的です。

ホルモン補充療法の具体的な方法は、主に2種類の方法があります。
1つは飲み薬による方法で、卵胞ホルモンを含んだ錠剤またはプエラリアミリフィカの服用です。
他の1つは湿布剤かパッチ剤を臍の横や腰に貼る方法です。
この場合は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を含んだ貼り薬を使用し、週2回ほど新しく貼り替えます。

ホルモン補充療法を行うと皮膚のコラーゲンが増え、しわが減ったり肌に張りが出たりして肌がみずみずしくなるというようなアンチエイジング効果も期待できるようです。
なお、近年は、数種類のホルモンを補充してホルモンのトータルバランスを最適状態に近づける「総合ホルモン補充療法」も導入されています。
ホルモンのトータルバランスを若い年齢の状態に戻すことで、心身両方の機能も若がえらせるのに効果の高い治療法と言われています。
みなさんもプエラリアミリフィカで健康生活はじめませんか。


このページの先頭へ