男性

プエラリアミリフィカに含まれる植物性エストロゲンとは

エストロゲンは胸を大きくしたり月経周期妊娠、出産などにも関係したりすることから卵胞ホルモンとも呼ばれ、「女性を女性らしくする」ホルモンです。
一生でおおよそスプーン2杯分と少ない分泌量ですが、このホルモンが不足するとホルモンバランスが乱れて体調を崩したり女性らしさを失ったりします。
植物中には、このエストロゲンによく似た構造と働きをもつ物質が含まれており、これらは総称して「植物性エストロゲン」と呼ばれているのです。

プエラリアミリフィカには、大豆イソフラボンなどよりも約1000倍も活性力の強い植物性エストロゲン(デオキシミロエステロール、ミロエステロールなど)が多く含まれていることが知られています。
植物性エストロゲンは、エストロゲンが減少している状態においてはそれに代わって受容体に結合することで、本来のエストロゲンに似たホルモン作用を発揮してくれます。
プエラリアミリフィカが美肌やバストアップ、生理不順の改善などに作用するといわれて女性の支持を得ているのは、この植物性エストロゲンの働きによるものです。
なお、プエラリアミリフィカに含まれる植物性エストロゲンは本来のエストロゲンと競合して結合しようとするので、過剰に摂取すると本来のエストロゲンの働きを弱めてしまうことになり、ホルモンバランスを乱すことがあるといわれています。


このページの先頭へ