男性

プエラリアミリフィカの摂取方法

日本では、プエラリアミリフィカの1日の摂取量についての定めはありません。
特定保健用食品に含まれる「植物性エストロゲン」の摂取量は定められており、大豆イソフラボンアグリゴン換算で1日当たり摂取量の上限値が70~75mg、1日当たり上乗せ摂取量(特定保健用食品として)の上限値が30mgです。

バストアップに効果があるとしてプエラリアミリフィカが日本で出回りはじめたころは、1日400mg以上摂取すると副作用の心配があると言われていました。
プエラリアミリフィカには大豆イソフラボンの1000倍もの活性効果のあるミロエステロールが含まれているのですから、大豆イソフラボンに換算すると大変な過剰摂取が上限値と考えられていたことになります。

プエラリアミリフィカの原産国のタイでは「プエラリアミリフィカは1日100mg以下なら継続的に摂取しても副作用はほとんどない」と公的機関が示してお り、プエラリアミリフィカの成分摂取量が1日当たり100mgを超えるサプリなどは効果が強すぎるとして販売を規制されています。
ところがわが国で現在市販されているプエラリアミリフィカのサプリメントのほとんどは、服用すると1日当たりの摂取量が100mgを超える可能性があります。
なかには300mg以上になる商品も多数ありますので、サプリメントを服用中の方は自分の摂取量を点検し、過剰摂取にならないよう調整することをおすすめします。


このページの先頭へ