男性

妊娠していても摂取して大丈夫?

結論から言えば、サプリメントが入れられたケースにも注意書きされているとおり、妊娠しているときにプエラリアミリフィカを摂取してはいけません。
内閣府食品安全委員会では、妊婦(妊娠の可能性のある方を含む)の大豆イソフラボンの摂取について、十分なヒト試験のデータがないことや動物試験の結果を考慮して健康影響の可能性を推察し、日常的な食生活に上乗せして摂取することは推奨できないとしています。
これは、妊娠した動物に大豆イソフラボンを投与した試験において、胎児の生殖機能への影響などが報告されていることや大豆イソフラボンを含むフラボノイドには癌細胞が死滅させるトポイソメラーゼⅡを阻害する作用があることが理由です。
さらに、妊娠の可能性のある人を含む妊婦が、イソフラボンを日常の食事以外に追加摂取することに有益性を見出せないことも理由とされています。

こうした大豆イソフラボンの1000倍もの活性効果のある植物性エストロゲンや大豆の約40倍ものイソフラボンが含まれているプエラリアミリフィカを摂取することは、あまりにも危険性があります。
プエラリアミリフィカは有効成分が多くしかも強力な作用があるという特長がありながら、それが、妊婦には摂取をすすめることができない要因になるのです。


このページの先頭へ