男性

プエラリアミリフィカと更年期障害の関係

日本人の女性の多くが閉経を迎えるのは50歳前後と言われ、その10数年前ごろから更年期障害の症状が現れはじめます。
その症状は頻脈、動悸、血圧上下動、ほてり多汗、不眠、息切れ、男性の勃起不全(ED)、イライラ、抑うつなど、実にさまざまで個人差があります。

更年期障害発症の原因は、加齢にともなう女性ホルモンの減少です。
女性の体は、ほとんど女性ホルモンのエストロゲンによってコントロールされているといっても過言ではなく、肉体的にも精神的にも女性ホルモンの影響を受けています。
更年期障害はこの女性ホルモンのエストロゲンが減少することで発症しますから、更年期障害の予防や改善にはエストロゲンを補充する必要があります。
それが一番効果的にできるのが、近年女性に人気のプエラリアミリフィカなのです。

プエラリアミリフィカに多量に含まれている植物性エストロゲンのイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをすることから、女性ホルモンに代わって更年期障害の症状の改善に作用してくれるのです。
なお、このプエラリアミリフィカのイソフラボンにはミロエステロールやデオキシミロエステロールといった大豆イソフラボンよりもはるかに強い活性作用があります。

このページの先頭へ